冷房病は自律神経の乱れが原因 |大和市 女性専用 整体サロン ビジュー

2018年08月3日

大和市整体サロンビジューの斉藤です。

もう1日中エアコンは消せない状態が続くこの暑さですが
冷房病になっていませんか?

 

冷房病の画像

 

こんな症状はありませんか?

□体がだるい

□肩こりが取れない

□頭痛が頻繁にある

□食欲がない

□手足がこわばる又はむくみが出る

これらの症状は暑さが原因ではなく冷えが原因で起こっています。
クーラーの効いた部屋に長時間いて一番影響を受けるのが自律神経です。

夏は本来暑さを感じ汗をかいて体温調整をしますが
エアコンの効いた所に長い間いると体温を逃がさない様にするために
血流が悪くなり、頭痛や肩こり、冷えなどの症状が起こってきます。

また、暑い外とエアコンの効いた建物の中や乗り物の中の温度差に
ストレスを感じ交感神経と副交感神経のバランスが崩れ
自律神経の乱れが生じると体温調節が上手く出来なくなってしまいます。

 

余談ではありますが、先日こんな方がいました。

「70代の女性ですが冷房は好きじゃないから使わない。
汗もそんなにかかないので水分も特に多くは摂っていない。」

それを聞いて私は水分は多く摂ってもらうようにお願いしました。
施術は体の歪みを整え自律神経の調整をしたところ
後日電話がありましてこう言われました。

「先生のところへ行ってから汗が異常に出るんです。
 体に異常が出たんだと思うのでもう行きません。」(^^;)

私は代謝が良くなったことや自律神経が整ってきたこと
ましてこの暑さで汗はみんなかくこと、汗はかいた方が良いことなど
お話ししましたが、汗はかかない体質だからこんなにかくのはおかしいの
一点張りでどうにもわかっていただけないので諦めて最後に
「水分はとってもらっていますか?」と聞くと
水分は先生に摂った方がいいと言われたのでとっていますと言われたので
「それは良かったです。水分をしっかり摂って下さい」と言って電話を切りました。

 

私も毎日サロンへ行くと着いた途端に滝の様に汗が流れ出ます。
この夏の暑さではこれが正常だと思います。
そしてクーラーは必須です。何せこの暑さは異常ですからね。

寒いと感じるほどの冷房は温度を上げて温度調整をすると思いますが
そんなに寒さを感じないのに体調を崩す方は冷房病と気づかないのでは?

クーラーの効いた中にいても特に寒いと感じていなくても
頭痛や肩こり、またはそれ以上の悪化した症状が出る方がいます。
足がむくんだり、手足のこわばりを感じたら要注意です。

冷えは足元から入ります。
クーラーの冷気は足元から冷えるので
椅子に座った状態であまり動かないでいる方は特に気を付けたいですね。
また、夜もクーラーが付いたままで寝ていたりすると
やはり足が冷えてむくみや、足がつるという事が起こります。

冷え対策のレッグウォーマー画像

私のサロンでは夏には特にレッグウォーマーをおすすめしています。
体を冷やし過ぎて冷房病にならない様に足元の保温や
食事にも気をつけてスタミナの付くものを摂ってこの暑さを乗り切りたいですね。

暑さの影響や冷房の影響で自律神経が乱れ体調を崩す方が増えています。
我慢せずに早めの対応で症状が早く良くなります。

 

自律神経の乱れでお困りの方はこちらへ