四十肩・五十肩

このようなお悩みでお困りではありませんか?

  • 病院へ行ったら時間が経てば治ると言われた
  • 腕が上がらなくて家事に支障が出ている
  • 夜中に痛くて何度も起きてしまう
  • 服が一人で着られなくて困る
  • 1日も早く痛みのない生活に戻りたい

いろいろな症状について

四十肩・五十肩の症状は大きく急性期・慢性期・回復期の3つに分かれます。

 

急性期

急性期は炎症による強い痛みがあるのが特徴で肩を動かさなくても痛みを感じ、ひどいと腕や肘の辺りまで痛みを感じたり、しびれを伴うこともあります。服の脱ぎ着をするのも激痛で痛みに悩まされる時期です。
また、もう一つの特徴として夜寝ているときに痛みが激しくなる「夜間痛」があります。寝返りをうつだけでも痛くて目が覚めてしまうこともあります。この時期に無理をして肩を動かすと症状が悪化するので気をつけましょう。
急性期の強い痛みは一般的には1~2か月ほどで慢性期に変わっていきます。

 

慢性期

慢性期になると肩の痛みは一段落し激痛から鈍い痛みに変わり、次第に夜も眠れるようになります。しかし、まだ腕を動かすと痛いし、運動制限もあるという状態です。無理に動かしたり急に動いたりすると激しい痛みをぶり返す可能性があるので注意が必要です。
急性期に起きた炎症の影響により、筋肉は収縮して硬くなっています。そのため、関節を動かせる範囲が狭まり、腕を動かしにくくなる時期が慢性期です。腕を上げる、洗髪がうまくできない、ズボンの後ろポケットに手を回すなどの日常生活の動作に支障をきたすようになります。これは、「関節拘縮(こうしゅく)」と呼ばれる運動障害で慢性期の特徴の一つです。
慢性期は1~6カ月ほど続くことが多いです。

 

回復期

回復期は、徐々に痛みが解消していき、次第に肩を動かしやすくなります。しかし、数年かかる場合や、症状が残ることもあります。この時期には、肩の可動域や低下した肩の筋力を取り戻すため、積極的に肩の運動を行います。

 

 

回復するのに1年も我慢できますか?

病院で放っておけばそのうちになおりますよと言われたという方が何人もいます。

でも、1~2週間では治りません。1年から1年半はかかると言われています。
そんな長い間、痛みや不自由さを我慢できませんね。
まして何もしないで痛みが無くなる時には肩関節の動く範囲が狭くなって治ることが多いです。
肩関節の可動域を元に戻すには痛みや違和感が出たなるべく早期に調整をすることです。

四十肩・五十肩を引き起こす原因は?

体の歪みを整えて調整すると1回で変化が!

                               ※施術効果には個人差があります。

その後の調整でみるみる改善していきます。

   

                             ※施術効果には個人差があります。

 

 

 

症例 | 大和市 女性専用 整体サロン ビジュー

  • 大和市高座渋谷 50代 女性 五十肩 五十肩改善

    夜も痛みで眠れず、腕をどうしたらいいか分からない位にどう向けてもいた状態で、病院へ行ってブロック注射を打ってもらいましたが、ほとんど痛みは取れませんでした。
    ビジューでまずは歪みの調整をして頂き、背中の硬さを調整してもらいました。
    夜寝る時に痛い方の肩の向け方のアドバイスを頂き、あんなに痛くて上がらなかった肩が楽になりました。
    施術中にどんどん腕が上がるようになっていくのに感動しました。
    五十肩で腕が痛くて上がらない方は我慢しないでビジューで早く診てもらう事をおすすめします。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。